リサイクルトナーの基礎

リサイクルトナーとは元は純正品であったカートリッジを回収し、それを分解して洗浄などを行った後に新たにインクを注入した製品のことを指します。普通に売られている純正品と比べ価格が安いことが一番の魅力となっており、普段からプリンタを頻繁に使用する側からすれば、長い期間で見た場合にはかなりの節約ともなるのです。

リサイクルトナーの価格に決まったものはなく販売店によって異なるため、私たちからすれば安さだけに目が行きがちですが、このように安いことだけに拘り過ぎると中にはほとんど使い物にならないような製品を格安価格で販売している会社も存在するので、使用するこちら側としてはそのような製品を購入しないよう注意する必要はあります。

また、安いということから印刷品質を心配されるかもしれませんが、これに関しては最近ではかなり向上しており、純正品と比べると若干落ちるものの普通に私たちが使う分には問題はないでしょう。とはいえ、純正品ではないため、使用していく上でトラブルが発生する可能性についてはゼロとはいえないので、その辺は承知の上で使用していかなければなりません。ちなみに良い販売店の場合は、このようなトラブルに対する対応がしっかりとしています。この点については後ほどもお話しますが、購入先を選択する際の判断材料の一つともなるわけです。

今回はこのリサイクルトナーについて、上記でお話した内容をもう少し掘り下げてご紹介しますので、リサイクルトナーの購入を検討されている方はぜひご参考にして頂ければと思います。