購入先の選び方

最後に良いリサイクルトナーの販売会社を選択する際のチェックポイントを挙げていきます。まず、何より保証がしっかりとしているという点が挙げられます。リサイクルトナーは純正品とは違い、トラブルが起きる可能性が高いのは否定できません。そうなると保証があるのとないのとでは大きく違ってきますし、あっても保証期間が非常に短いともなればそこも良い販売会社とは言えません。また、その際はトナー以外のプリンタに関する保証をチェックすることも忘れないでください。

その他、トラブルが起きた際の連絡先が明確に書かれていることも重要なポイントとなってきますので、万が一連絡先が見当たらない販売会社や、よく見なければ分からないようなところに書かれているような販売会社は避けたほうがいいでしょう。

以上のことが一般的にも言われている良いリサイクルトナーの販売会社の選び方でありますが、インターネット上には良い販売会社とされている会社同士の比較を行っているサイトも存在し、さらに会社によっては口コミが掲載されているところも存在しますので、それらも参考にして購入先を選択されるとさらに良い販売会社に巡り会えるかもしれません。そして、価格が安いだけが良い販売会社ではないということを改めて頭に入れておいてください。

デメリットは何?

最近のリサイクルトナーは品質が向上していることもあり、以前ほど悪い噂は聞かれませんが、それでも可能性は低いながら不具合が発生する確率が純正品と比べると高いものとなっております。ただ、確率が高いとはいっても数%ですので、安心して使用することができるでしょう。印刷品質に関しては純正品と比べると若干は落ちるとされており、普通に使用する際には特に気にするほどではありませんが、品質を重視したい時は使用を避けるべきでしょう。

もう一つ挙げるとすれば、販売会社によっては、トラブルが起きても無料で保証を行ってくれないところが存在する点です。これは先ほどのメリットの部分と相反する点となり、このような販売会社が全て悪いとは言えませんが、保証が行われない販売会社も存在するということも頭に入れておかなければなりません。

もしトラブルが心配でしたら、販売会社のページにはほとんどの場合保証に関することが書かれていますので、そこを十分にチェックした上で購入されることをおすすめします。リサイクルトナーは純正のトナーと比べ価格が安い代わりに上のようなデメリットも存在しますので、これらのことを全て了承した上で購入するようにしてください。

メリットは何?

リサイクルトナーのメリットと言えばやはり価格が安いことが真っ先に挙げられ、純正品の半額以下で販売されていることもあります。ここで、純正品のトナーが高い理由を解説すると、純正品の場合は、同じメーカーのプリンタを安く販売し、その分をトナーで取り戻そうとしているためです。リサイクルトナーのメリットはこの他にも、一度使い終わったトナーを再び使用していることから、地球に優しいといった点やトラブルが起きた時には保証が行われるといった点が挙げられます。

保証の内容に関しては、販売会社にもよりますが、トナーそのものに対しての保証やトナーを使用したことにより起きてしまったプリンタのトラブルに対する保証も優良な販売会社では行われているので、ユーザーは安心して利用が出来るのです。さらに、リサイクルトナーは通常よりも増量して販売を行っている会社も存在し、このようなものを購入することで、よりコストをかけずに使用することができます。

このようにリサイクルトナーは、品質もしっかりとしたものが増えてきていますので、プリンタのインクを頻繁に購入される方であれば、リサイクルトナーへの切り替えを一度検討してみてはいかがでしょうか?

リサイクルトナーの基礎

リサイクルトナーとは元は純正品であったカートリッジを回収し、それを分解して洗浄などを行った後に新たにインクを注入した製品のことを指します。普通に売られている純正品と比べ価格が安いことが一番の魅力となっており、普段からプリンタを頻繁に使用する側からすれば、長い期間で見た場合にはかなりの節約ともなるのです。

リサイクルトナーの価格に決まったものはなく販売店によって異なるため、私たちからすれば安さだけに目が行きがちですが、このように安いことだけに拘り過ぎると中にはほとんど使い物にならないような製品を格安価格で販売している会社も存在するので、使用するこちら側としてはそのような製品を購入しないよう注意する必要はあります。

また、安いということから印刷品質を心配されるかもしれませんが、これに関しては最近ではかなり向上しており、純正品と比べると若干落ちるものの普通に私たちが使う分には問題はないでしょう。とはいえ、純正品ではないため、使用していく上でトラブルが発生する可能性についてはゼロとはいえないので、その辺は承知の上で使用していかなければなりません。ちなみに良い販売店の場合は、このようなトラブルに対する対応がしっかりとしています。この点については後ほどもお話しますが、購入先を選択する際の判断材料の一つともなるわけです。

今回はこのリサイクルトナーについて、上記でお話した内容をもう少し掘り下げてご紹介しますので、リサイクルトナーの購入を検討されている方はぜひご参考にして頂ければと思います。